LOADING

Sleep makes
happiness.

快眠は、幸せの始まり。
scroll
on
off
CAMPAIGN

新型コロナウイルス
感染症対策について

お客様に当サロンを安心・安全にご利用いただくため、以下の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策を行っています。

1. 定期的な部屋の換気
お客様がご来店される30分以上前に、窓を開けて室内を換気します。

2. ダイソンの加湿空気清浄機「Dyson Pure Humidify+Cool」を設置
換気後、加湿空気清浄機によって部屋の空気を清浄するとともに、最適な湿度を維持。この加湿空気清浄機は密閉性の高い360˚グラスHEPAフィルターを搭載しており、花粉やPM 0.1レベルの微細な粒子までも99.95%除去できるといわれています。

3. アルコール消毒およびマスクの着用
施術時はお客様の頭に直接触れるため、施術前に手をアルコール消毒します。さらに、施術中はマスクを着用いたします。

ABOUT
こころ座について

極上の癒やしと
心の安らぎを
お届けする

都心の喧騒から少し離れた千葉県習志野市・津田沼。そこにお客様の脳の疲れを癒やし眠りをサポートする、女性専用プライベートサロン【こころ座】はあります。

【こころ座】は、あなたの頭を癒やすサロンです。快眠ヘッドセラピーと瞑想(メディテーション)で、脳の疲れを癒やし心と身体をリセット。少しの間、日常から離れて脳を休ませるとともに、心を鎮めて余白の時間を楽しむ。そんな贅沢な時間をお過ごしいただけます。

自分の人生を思いっきり楽しむためには、心身の健康を保つことが欠かせません。そして、その健康は日々の快眠によって支えられています。良質な睡眠は脳の働きの改善だけでなく、免疫力のアップやホルモンバランスの安定化、新陳代謝の促進、身体活動に必要なエネルギーの充電などにもつながるといわれています。つまり、質の高い睡眠をとることはHAPPYへの近道なのです。

不眠、脳の疲れ、心身のストレスなど…。そのようなことでお悩みでしたら、ぜひ小旅行するような気持ちで当サロンまでお越しください。

MENU メニュー紹介

THERAPIST セラピスト紹介

一人でも多くの方が自分らしく人生を楽しめるよう、ストレスを解放に導くための快眠ヘッドセラピーや各種瞑想のお手伝いを行います。

FAQ よくあるご質問

  • ヘッドマイスターとは何ですか?
    ヘッドマイスターとは、国内ではまだ数が少ない頭のスペシャリストです。京都などで人気の頭の揉みほぐし専門店「悟空のきもち」の代表が考案した、頭に特化した理論・手技で、脳の疲れやお顔のたるみなどを改善に導きます。
  • 快眠ヘッドセラピーには、どのような効果がありますか?
    当サロンで行う快眠ヘッドセラピーは、水もオイルも使用しないドライヘッドスパ。ヘッドマイスターの手技で前頭部・側頭部・後頭部をやさしく揉みほぐし、交感神経系の高ぶりを鎮め、副交感神経系の働きを促し、心身ともにリラックスした状態へと導きます。期待できる効果は、以下の通りです。

    【期待できる効果】
    ・顔のむくみの改善
    ・リフトアップ
    ・眼精疲労が軽減し、視界がクリアに
    ・血流の促進により頭皮まで栄養が行き渡り、髪のハリやツヤがアップ
    ・副交感神経の働きが優位になり、ぐっすりと眠れるように
  • 瞑想(メディテーション)には、どのような効果がありますか?
    疲れた脳を自分で癒やす新習慣、それが瞑想(メディテーション)です。
    瞑想(メディテーション)は、リラクゼーションとは根本的に異なります。最近では最先端の脳科学・精神医学の研究により、瞑想(メディテーション)が脳によい効果をもたらすということが明らかになりつつあります。それを踏まえると、瞑想(メディテーション)が「科学的に正しい脳の休め方」であるといえる日は近いでしょう。

    日々瞑想(メディテーション)を実践すると、ストレスの軽減、免疫力のアップ、集中力・直感力・創造力・コミュニケーション能力・感情知性(Emotional Intelligence)の向上などがはかれるといわれています。瞑想(メディテーション)を長い期間続けるとより高い効果が期待できるほか、疲れにくい脳や迷いにくい心を持つ自分に近づくこともできます。

FLOW ご利用の流れ

お客様にリラックスした気持ちでサービスを受けてほしい。
その想いから、当サロンは完全予約制を導入しています。ご利用の流れについて、詳しくはこちらをご覧ください。

EXPERIENCE 心身リセットまでの
ステップ

脳の疲れを癒やして、心と身体をニュートラルな状態にしっかりと導けるように。当サロンは「補う→癒やす→鎮める→浸る」というステップで、リラクゼーションを進めます。